赤ちゃんの肌トラブル~乳幼児アトピーは改善できます~

ファミリー

ミルク作りの救世主

手

ミルク派のお母さんにぜひ使ってもらいたい物があります。それは保温機能が優れている水筒です。水筒を使うと、とても早くミルクを作ることが出来ますし、外出の時にも大変便利です。

詳細を読む

便秘を解消する

顔

赤ちゃんはよく便秘になるものです。その原因はいくつかあり、大体が水分不足 です。また自分で運動することが出来ない為、便秘になります。水分を与え、マッサージしてあげましょう。

詳細を読む

オススメリンク

  • かしてネット

    購入するよりもメリットが沢山あります。ベビーベッドのレンタルはこちらであるため、赤ちゃんが生まれる前に準備をしておきませんか。

こまめな水分補給が大切

哺乳瓶

赤ちゃんはとても汗っかきです。水分補給が欠かせませんが、 水選びには注意が必要です。赤ちゃんに水をあげる際には不純物がなくやミネラルが少ないものを与えるようにしましょう。

詳細を読む

正しくケアしましょう

赤ちゃん

赤ちゃんの肌の湿疹が収まらずに、病院へ行ったら「アトピー」と診断され悩んでるおかあさんもいらっしゃると思いますが、心配しなくても大丈夫です。乳幼児のアトピーは成人型アトピーとは異なり、治療できる病気です。正しい知識を持ってケアすることが大切です。まずよく聞くアトピーとは、成人型アトピーと言われるもので、生活習慣の積み重ねが関係して免疫機能が壊れてしまい皮膚の炎症につながり起こるものです。しかし、赤ちゃんにはまだ生活習慣というものは出き上がっておらず、関係ありません。多くはアレルギー反応によって起こることです。最近では多くの赤ちゃんがアトピーと診断されていますが、昔は今ほどアトピーにかかる子はいませんでした。このことからみても生活環境の変化が関係していると考えられています。乳幼児のアトピーには原因となることがある場合が多く、この原因をつかみ改善していくことが大切です。まず気をつけて欲しいのは食べ物です。赤ちゃんは消化器官が未発達で、始めは離乳食からゆっくりと食べ物を取っていきますが、離乳食開始が早過ぎると消化できずに、アレルギー反応が出ることがあります。一度アレルギーが出ても多くの食べ物に対するアレルギーは3歳ごろでは少なくなる傾向にあるので心配ありません。またなるだけ肌への刺激の少ない入浴やスキンケアが大切になってきます。無添加やオーガニックのものは肌への刺激も少なく良いでしょう。肌へ直接触れるものへは特に気を使うようにしましょう。