赤ちゃんの肌トラブル乳幼児アトピーは改善できます|正しくケア

3人の赤ちゃん

こまめな水分補給が大切

哺乳瓶

赤ちゃんはとてもデリケートです。体のいろいろな器官がまだ未発達なため、気をつける必要があります。赤ちゃんのミルクを作る際の水選びも安心して飲ませることができる水を選ぶことが大切です。赤ちゃんにとって安心な水とはどのような水なのでしょう。答えは、不純物がなくミネラル成分が少ない水です。不純物が含まれていると赤ちゃんはお腹の調子を崩しやすくなります。水道水は不純物が多く含まれているとはいえませんが、安心して飲めるとは言えなくなったため、多くの人が、ミネラルウォーターやウォーターサーバを利用しています。またミネラルウォーターには、ミネラルが多く含まれています。大人はミネラルを摂取したほうがいいですが、赤ちゃんはミネラルを消化する力がまだ未発達なため負担になってしまいます。また水に含まれるミネラル成分がミルクの吸収を妨げる恐れもありますので、赤ちゃんのミルクの水にミネラルウォーターは使わないほうが良いでしょう。純度の高い水、RO水がミルク作りに適しています。RO水はミネラルなども取り除いているので赤ちゃんに安心してあげることが出来ます。

赤ちゃんはとても汗っかきです。水分補給をこまめに行う必要があります。外出して遊んだ際や、オフロに入った後なども水分が必要です。水分補給と行ってもジュースは糖分が多く含まれています。あまり多く上げないで水やお茶で水分をとるようにしましょう。季節によっては熱中症にかかる恐れもあるのでこまめに水分を与え、体長の変化に気をつけましょう。