赤ちゃんの肌トラブル乳幼児アトピーは改善できます|正しくケア

3人の赤ちゃん

ミルク作りの救世主

手

赤ちゃんが大好きで必要なものといえばおっぱいです。おっぱいだけで育てるお母さんも入れば、ミルクを使うお母さんもたくさんいます。ミルク派のお母さんにおすすめしたいのは保温機能が付いた水筒です。保温水筒を使えばミルク作りがとっても簡単になります。赤ちゃんは生まれたての頃は2,3時間に一度おっぱいやミルクをあげます。そして、ミルクの赤ちゃんはその度にお湯を沸かす必要があります。お湯が沸騰するまで待つのは長く感じられますし、赤ちゃんが泣いているとなおさらです。しかも沸騰直後のお湯は熱すぎて、冷まさないと赤ちゃんは飲めません。しかし、保温水筒にお湯を準備しておくと、沸騰するまで待つ必要もなく、また適温になっているためすぐにミルクを作ることが出来ます。そして冷まさずにすぐに赤ちゃんにミルクを与えることができます。また保温水筒なら、夜中でも台所まで行かずに寝室でミルクをつくることが出来ます。外出時にも便利で、お湯があるところまで行かなくても、どこででもミルクを作ることが出来ます。水筒を選ぶ際のポイントは、きちんと保温機能が付いたもの、またなるべく保温機能の優れたものを使うことです。きちんと保温機能がないものだと、中のお湯の温度もぬるくなってしまいます。温度が低いとミルクもきちんと溶けきらずダマになってしまいますので、保温機能に特化した水筒を選ぶことが大切です。ステンレス製のものでも保冷用と保温できるものがありますので、きちんと確認して選ぶと良いでしょう。